ライブハウスの楽屋

ライブハウスの楽屋

ギターとバンドという括りから少しずれますが、私がバンドをやっていた頃をふと思い出すと出てくる風景がいくつかあります。

 

 

その中でもなんとなく胸をきゅっと締め付けられるのが「ライブハウスの楽屋」の風景です。

 

 

私はライブをするのがあまり好きではなかったので、
出演したことのあるライブハウスの数といってもたかだか知れています。

 

 

ですがひとつのところに集中して出演していたわけではないので、広く浅くいろんなところを見てきたという感じです。

 

 

ライブハウスの楽屋って、音楽をやっていない人はもちろん、音楽でもジャンルが違うと接点がない空間だと思うんです。

 

 

ピアノやバイオリン、クラシックや吹奏楽系の人はあまり出入りしないところですよね。

 

 

音楽が好きでライブハウスによく見に行く人でも、楽屋は見る機会がないと思います。

 

 

ライブハウスの楽屋。とにかくまず言えるのは「タバコ臭い!!!」ひたすらそれです。

 

 

ミュージシャンは愛煙家が多いので、楽屋は火事かというくらいモクモクしていることがあります。

 

 

それと、壁一面に落書きやサイン、ライブハウスに出入りするためのバックステージパスなどが貼られています。

 

 

観光地にいって記念に落書きしたくなる心境と似ていると思います。(観光地で落書きはダメですよ!)

 

ギター演奏

 

 

そしてなぜか薄暗い(笑)且つ狭いところが多い。

 

楽屋に4人バンドが4組、なんてことになるととてもじゃないですが全員はいられません。

 

出番まで他のバンドの演奏を見たり、近くのコンビニで立ち読みしたり・・・。

 

寝ている人も多いですね。

 

地方にライブをしにいって楽屋が広いと、やけにテンションが上った記憶があります。

 

狭くて汚くて臭くて!というのがライブハウスの楽屋へのイメージです。

 

コレを払拭してくれるほど素晴らしいライブハウスには、いまのところ出逢っておりません・・・。


page top