自分の音を作る

自分の音を作るために

自分の音

ギターがある程度弾けるようになってくると、

 

色んな音が出したくなってくると思います。

 

 

そのためにまずは、ギターの弦から考えてみてはどうでしょうか。

 

 

エレキギターでもアコースティックでも、

 

たくさんの種類の弦が販売されています。

 

 

楽器屋さんで弦コーナーに行ったことのある人ならわかると思いますが、

 

あまりに多すぎて何を選べばいいのかわからない!

 

という感じではないでしょうか。

 

私はアコースティックギターをメインで使っているので、弦もアコギ用をよく買います。

 

 

お気に入りは何個かあって、

 

ライブの内容ややりたい曲使うギターに合わせて弦も変えたりしています。

 

お気に入りは「エリクサー」と言う弦で、
普通の弦に比べてかなり長持ちする弦です。

 

自分の音

 

それだけ高いのですが、コストパフォーマンスを考えると結果的に安くつくという弦ですね。

 

 

特殊なコーティングがされていて、サビができることがまずありません。

 

 

プロのアーティストさんもよく使っているみたいですね。

 

ただ、音がきらびやかではでなところがあり、

 

そうじゃない音が欲しいときはちょっと違う弦を使います。

 

 

その場合選ぶのは、マーチンダダリオにしています。

自分の音

 

マーチンのフォスファーブロンズ、ライトかカスタムライトです。

 

ライト以上になると、低音の弦が抑えにくくて仕方ないので、カスタムライトの弦も併用して使ったりしています。

 

 

マーチンはギターもそうですが、トータルの安定感が素晴らしいです。

 

 

頼りになるベース感と、繊細さも兼ね備えていて、
これでエリクサーくらい長持ちするなら絶対こっちを買うのになあと思ってしまいます。

 

 

 

男性はどちらかと言うと、マーチン系の弦が好きかもしれませんね。

 

 

派手さはなくとも、
しっかりと声やほかの演奏を支えてくれるというのが、何より素晴らしいと思います。

 

フォスファーブロンズ、とパッケージに書いていますが、最近はほとんどフォスファーなのかなあと思います。

 

 

要は、素のままの銅か、そこにリンが含まれているかどうかの違いで、

 

ブロンズそのままのものよりも長持ちするように出来ているのです。

 

 

あと若干、弦の響きが大きくなるような気がしています。

 

 

ですので、ピッキング系で使う人ならよりオススメですね。

 

ダダリオも好きです。昔はパッケージが好きでよく使っていました。

 

 

とびぬけていいわけではないけれど、平均点はクリアできる安心して買えるタイプの弦ですね。

 

 

 

ギターによって、弦との相性もあったりしますので、
高い弦だからいいというわけではありません。

 

 

色々と試してみて、
自分に合うもの、

 

弾き語りをする人なら「自分の声を合うもの」を探して、

 

お気に入りを作ってほしいなあと思います。


自分の音を作るために|ギター用エフェクター

自分の音を作るために、

 

ギターの弦を色々と試してみようという話をしましたが、

 

今回は機械にも少し頼ってみようということで、

 

ギター用のエフェクターのお話をしたいと思います。

 

 

 

と言っても、

 

最初からアコギ畑で育ってきた人間なので、

 

エレキギターのギタリストがエフェクターボックスの中に入れている機械の数々はまるでわかりません(汗)

 

 

これくらいならまだわかるのですが、もっとすごい人なんかざらにいますもんね。

 

 

揃えだすときっと止まらなくなるんでしょう。

 

 

しかもエフェクターがまたカラフルでかわいいんですよね。

 

コレクターがいるのもうなずけます。

 

しかし、自分はこんなに色々あって押すタイミングまで頭にいれないとダメとなると、

 

もう歌う余裕がなくなりますので、

 

ギタリストさんは頑張って揃えてみてもいいかもしれませんね。

 

 

私が使っているエフェクターは、アコギ用の一品になります。

 

LR BAGGS(エルアールバッグズ)のアコギ用DI

LR BAGGS(エルアールバッグズ)のアコギ用DI本体

 

LR BAGGS(エルアールバッグズ)のアコギ用DIです。

 

ボリュームからイコライザー、ゲインなどなどついてまして、足元で色々と音の調節ができるようになっています。

 

 

チューナーもついてますから、とっても便利です。

 

アコースティックでバンドをやりたい!と思うなら、こういったプリアンプ系のものを一つ持っておいて損はないと思います。

 

 

自分の作りたい音で演奏できたとき、それがライブならことさらうれしいものですよ。

 

 

私の知人に勧められて買ったものですが、とても使いやすくて気にいってます。

 

値段もそこそこ手が届く範囲だったと思います。

 

2万円も出せば変えたんじゃないかなあ。

 

何はともあれ、予算というのは一番先にくることでしょうし、
慎重にいきたいところではありますから、楽器屋さんでよくお兄さんに相談して買ってほしいと思います。

 

BOSSのADシリーズ


BOSSのADシリーズ。

 

アコギ人にとっては定番のモデルですが、
これと比べた結果、エルアールバッグズのほうが私のギターにはあっているなあと感じました。

 

 

結局、持っているギターとの相性、これにつきますし、

 

ライブをたくさんやる人、家で宅録メインでする人、

 

使い方や用途によっても選ぶべきアイテムは変わってきます。

 

今はインターネットですぐに情報が手に入るようになっていますが、

 

自分の持っているアイテムとの相性までは書いていませんよね。

 

 

楽器屋さんでよく相談して、実際に使わせてくれるところもたくさんありますから、
音を出して確認して、納得のいくものを買うようにしましょう。

 

その納得を積み重ねて初めて、
本当に自分が好きな音が出せるようになると思いますよ。

 

今回紹介したアイテムは安いものもありますが、

 

そうでないものも多い分野ですし、

 

上を見るとキリがないので・・・安くていいものは必ずありますので、焦らず探してくださいね^^

 

自分の音を作るために記事一覧

ギターがうまくなりたいなあ。どうしたらうまくなるんだろう、上達できるんだろう。ギターを始めたときから、誰しも心に思うことだと思います。私の知り合いにプロのギタリストさんがいますが、ギターが上手になるコツってなんですか?と聞いたことがあります。すると彼は「コツなんてないなあ。あえて言うとすれば、とにかく愛して愛して、お前のためならいくらだって俺の時間を割いてもいい!と思えることだな」と言っていました...