ギターチューニング

チューニングをしよう

それではギターを弾く前にまずチューニングをして音を調整しましょう。

 

初心者こそギターのチューニングはおろそかにせず、きちんと音を合わせましょう!

 

市販のチューナーを使ってチューニングするのが一番てっとり早いですし正確です。

 

しかし
「音叉(おんさ)しか手元にない(なかなかそんな人はいないと思いますが・・・)」
とか
「チューニングするものがなにもない」という人のための秘策もあります。

 

ただ、応急処置的に考えてもらって、
やはりきちんとチューナーでやるのが一番だというのは理解しておいてくださいね^^

チューニングの方法

まずは、チューナーを使ったチューニング方法を動画で見て下さい^^

 

 

私が持っているボロボロのクリップチューナーでのチューニングです。

 

真ん中に矢印が合えば、音が合ったということです。

 

1弦ずつやっていきます。

 

ちなみにそれぞれの弦の音はこちらです。

 

チューニング弦の位置

 

6弦と1弦の音は同じ音です。

 

オクターブ違うだけです。
チューナーで合わせるときは、
それぞれの弦がそれぞれの音になるように合わせていきましょう!

音叉のチューニング方法

音叉実写

 

楽器屋さんにいけば大抵売っています。

 

安いので、お金が無い人は音叉という選択肢もありですね。

 

音叉は硬いものに当てて音を出します。

 

 

 

それを耳に近付けると反響音が聞こえます。

 

この音が「A」の音=ギターの5弦の音なんです。

 

ギターをチューニングするときは手が空いてませんから、
音叉を鳴らしてそれを口に加えます。

 

すると骨伝導ってやつでしょうか??

 

音がはっきり聞こえるんですね~。不思議です。

 

これで5弦を鳴らして、音を合わせていきます。

 

音叉から出る音と5弦の音が合わない間は、
2つの音が分離して「うわんうわん」と波を打って聞こえてきます。

 

2つの音がぴったり合って重なると「うわんうわん」が消えて波打たなくなります。

 

波打たなくなると音がひとつになった、
つまりチューニングが合ったということになります。

 

5弦のチューニングが出来たら、
後は5弦を基準にして他の音を合わせていきます。

 

動画で説明すると・・・(ハーモニクス含む)

 

途中、
5弦と4弦の音が違うのをハーモニクスという技(?)を使って合わせています。

 

弦をしっかり押さえずに触れるだけの状態で弾くと、
ちょっと違う音が出るんです。

 

5弦5フレットと4弦7フレットをしっかり押さえずに弾くと、
お互いの音のずれがはっきりとわかるのです。

 

そして音叉と同じように、
波が合わさるようにペグを回していくという感じです。

 

上手な人はあっという間にチューニングしてしまいます。

 

実際にやると簡単なんですが、
慣れないうちはチューナーが一番です。

 

チューニングができたら、練習準備はオッケーです。

 

次は早速コードと呼ばれる和音を練習していきたいと思います。

 

次ページ
コードを使用して弾くC・D・E

超短期間でギター演奏出来るようになる方法