タブ譜の読み方

タブ譜がわかれば超便利!

ギター初心者で音符が読めない、という人はざらにいます。

 

「どうしよう・・・」と思っている人はひとまず安心してください。

 

自分だけではありません。
だからといって勉強しないのはダメですけどね^^;

 

音符が読めない人のことも考えて、
バンドスコアやギター弾き語りの譜面にはかなりの確率で「タブ譜」がついています。

 

タブ譜

赤丸で囲ってある部分が、タブ譜です。

 

 

タブ譜ズーム

6本線の上に数字が並んでいますね。

 

TABのT側が1弦B側が6弦です。
ちょっとわかりにくですが、
見慣れるとすぐに出来るようになりますよ。このタブ譜はあるコードを表しています。

タブ譜コード

 

Aのコードの2弦を開放にして「ド#」から「シ」になると、
Asus2というコードになります。

 

このコード、アヴリルラヴィーンの曲にはとてもよく使われています。

 

なんとなく切ないというか神秘的というか、
不思議な感じのするコードなので最近の曲でも好んで使われていますね。

 

知っておくと使い勝手のいいコードです。

 

少し話がそれましたが、
先程のタブ譜では3弦の2フレット4弦の2フレットを押さえなさいと書かれていました。

 

数字の0は、開放弦という意味です。

 

それが示すとおりにやると、このコードになるんですね。

 

ただしこの譜面では後に6弦1フレットの表記が出てきますので、
正確にはAsus2ではありませんが・・・。

 

タブ譜が読めるようになると、
コード以外のプレイにも挑戦しやすくなってきます。

 

とにかく表記されている数字に従って弦とフレットを間違えずに弾けば出来てしまうんです。

 

発明した人はすごいなあと思います。
ギターを弾く事に慣れてきて耳でわかるようになるとだんだん使わなくなってきますが、
それでも正確に弾かないといけないときなんかはとても重宝します。

 

バンドならではといいますか、
例えばギターがDの音を弾いている下で、
ベースだけが音を変えていったりすることがあります。

 

聞いている方としては雰囲気がガラリと変わるわけですが、
ギターを弾いているほうとしてはやることは何も変わってないんですよね。

 

こういう他の楽器との関わりなんかも、
スコアをとタブ譜が読めればとてもよくわかります。

 

まずは何か1冊バンドスコアや弾き語り用の本を買ってみて、
自分で解読しながら練習してみると面白いですよ!

 

次ページ
バンドスコアってなに?

超短期間でギター演奏出来るようになる方法