音楽 ストレス

1.音楽でリラックス

カリンバ

音楽って不思議な力を持っているなあと思うことがあります。

 

 

 

特に青春時代によく聞いた音楽なんかは、聞いたその瞬間にあの頃の景色や関わりのあった人々の顔、住んでいた家や匂いなどが一気にフラッシュバックしてきます。

 

 

すごい力だと思います。

 

 

自分ではまったく忘れていたことでも、
突然思い出して恥ずかしくなったりしますよね。

 

 

そんな刺激的な音楽もありますが、リラックスタイムにも音楽は欠かせない存在です。

 

 

好きな音楽と好きなお茶やコーヒー。

 

 

お気に入りのソファに座ってのんびりゆったりと過ごす時間は、他の何者にも代え難い至福の時です。

 

 

私は軽めのお香やアロマを炊いたりして、部屋全体を心地よい空間にしてしまいます。

 

 

 

そういうときに聞く音楽は、クラシックやインストもの、ボサノバやジャズなんかがしっくりきます。

 

 

夜中にアロマキャンドルを炊いて部屋の電気を消して、アフリカや北欧なんかの民族系音楽を流すのもいいものですよ。

 

 

アフリカはどうしても打楽器系のイメージがありますが、とても神秘的な音色の楽器もたくさんあります。

 

 

 

リラックスしたい時は、わざと歌詞のないものにします。あっても何を言っているのかわからない、外国語の曲を流すようにしています。

 

 

日本語で歌詞が頭に入ってくると、リラックス効果が半減するような気がするのです。

 

それに、つられて歌ってしまうこともありますよね。

 

 

そうすると、それはまた違う方向へ行ってしまうことになります。

 

おうちに有線がついているお宅は、ぜひリラクゼーションやクラシック、ヒーリングなんかのチャンネルを活用してみてほしいなあと思います。

 

 

気持ちを柔らかくしながら、寝転がったり柔軟体操をしたり。

 

本を読んだりするのはまた違うときがいいかな、と私は思っています。

 

 

とにかく「考える」ことから離れるのがいいんです。

 

ストレスの多い現代社会ですから、ストレスを完全になくすことなんて不可能です。

 

 

うまく付き合っていくというのが、現代人に課せられた課題ですよね。それならば、楽しく有意義に付き合う。

 

 

音楽を通せばそれも可能だと私は思います。

 

楽器人口が一番多いのはピアノかギターだと思いますが、
ギターに関するちょっと面白いコラムがありましたのでご紹介します。

 

 

ギターに纏わる面白いコラム

 

 

楽器を演奏すると言う行為も続けていれば色々な体験談が生まれるものですね(^^)


音楽でストレス発散する方法記事一覧

音楽を聴いてストレスを発散、というのはよく耳にすることです。が、世の中にはその逆もあることを忘れないでほしい!と私は切に願っています。私が普段働いているオフィスでは、およそ20人の男女が机を並べて働いています。よくドラマなんかで見るオフィスの光景です。そのフロアは偉い人の意向でBGMが流れるようになっています。有線放送がずっと流れているんですが、これが厄介な問題の火種になってしまっています。という...

カラオケは音楽?と思われるかもしれませんが、私は立派な音楽だと思っています。と申しますか、もはや現代の歌手のほとんどは歌番組で「カラオケ」をバックに歌っています。一般人とやっていることはそう変わりません。切ない世の中になってしまいました・・・。せめて紅白歌合戦くらい生演奏でやってほしいなあと思ったのは、私だけではないでしょう。とはいえ、カラオケという文字でまず頭に思い浮かぶのは、私たち庶民の娯楽で...