ギター練習方法

自宅練習の注意点

ギターを買ってきてやる気満々で

 

「よし!練習しまくるぞ!」

 

と張り切る人は、ちょっと待ってみてください。

 

まーさんはそれで一度マンションのお隣さんとトラブルになったことがあります(汗)
騒音問題、というやつです。

 

ギターは音が前に出ますので、
自分が感じているよりもはるかに大きい音が出ていると思ってください。

 

練習を始める前に、まず自宅や防音について考えてみましょう。

 

 

すぐに出来る対策をしてみる

 

エレキギターの場合・・・

 

エレキギターはアンプなどに繋がずに弾く分にはさして気にする必要はないと思います。

 

さすがに夜中にガシャガシャ演奏すれば、
壁の薄い賃貸住宅などでは気になるかもしれません。

 

時間は気を付けましょう。

 

アンプに繋げて練習する場合は、
必ずアンプにヘッドフォンをつけて音が直接でないように気を付けてみましょう。

 

 

 

アコースティックギターの場合・・・
アコギは元々それ自体で演奏することを前提に作られているものですから、
大きい音が出ると覚悟しておきましょう。

 

それを少しでも小さくするために「ミュート」というアイテムが販売されています。

 

ミュートはボディの穴の部分にはめこむものです。

 

穴をふさぐことで、空気の振動を抑えることができます。

 

何もしないよりはかなり軽減できます。

 

アコギのミュート

 

ミュートです。1000円位で買えたと思います。

 

はめると右のような感じになります。穴がなくなります。

 

 

ギターによってはホールが丸でなく楕円だったり三角だったりするものがあります。

 

また、
オベーションというメーカーのギターは女の子にとても人気がありますが、
ミュートは特注だった気がします。

 

オベーション

 

 

 

ホールの周辺が葉っぱのデザインになっていて、
穴がたくさんあります。

 

こういうのは通常のミュートでははまりません。

 

 

 

指で練習

 

ピックを使うとどうしても音が大きくなります。

 

アコギの場合は特にそうです。

 

自宅で練習する場合は、
指でアルペジオの練習などをしてみてはいかがでしょうか。

 

指弾きですと、音はかなり小さくなります。

 

 

 

マットや防音グッズを検討してみる

 

音というのは上にあがる性質がありますが、
振動が伝わるということも忘れてはいけません。

 

例えばブースターを利かせたり低音を厚くしていいステレオで音楽を聞いたりすると、
その重低音の振動は壁や天井を伝って伝わります。

 

それが案外階下などに聞こえていたりするのです。
ですので、楽器を弾く部屋はマットを敷いたり絨毯を敷くだけでも違います。

 

窓が有る場合は、すき間を埋めるテープや壁材を使ってみましょう。

 

防音効果のある壁紙なんかもありますので、
ホームセンターなどで一度見てみるといいですね。

 

防音マット

 

ホームセンターやニトリなんかで売っている、
こういうマットでも敷いたほうが絶対マシになります。

 

お子様がいるご家庭でよく見かけますが、
100円ショップでもバラで売っていたりしてかなり安く手に入りますよ。

 

お隣さんを気にする必要のない家や一軒家の方はさして心配することもないと思いますが、
マンションの方は音には特に気を付けたほうがいいでしょう。

 

夜何時を過ぎたら演奏しない、
というように自制心を持ってやることも大切なことだと思います。

ギター練習のコツ記事一覧

自宅で思うように練習できない!という人は結構多いのではないでしょうか。最初のうちはそれこそ時間を惜しんで上達したいものですもんね。住宅事情で練習しにくいと言う人もそうではない人も、一度は「スタジオ」で練習してみることをお勧めします。家で弾くより音をきにせず思う存分練習することができます。スタジオというのは音楽専門の練習スペースのことです。インターネットで検索すればたくさん出てくると思いますためしに...

ギター初心者にはぜひやってほしい!という練習方法があります。とても単純なことで、特に新しい道具などは何も要らないのですが、鏡を見ながら練習してみてほしいのです。その時に見て欲しいのは、ストロークでの肘や手の動き。弾いている時の姿勢。立ち姿やギターの傾き具合などなど。髪型や服装はさておきです。これが意外に効果があるというか、自分でも気が付きにくい癖なんかがとてもよくわかります。こういう鏡、スタンドミ...

何事にも通じて言えることですが、好きこそものの上手なれというようにギターに対する愛が深ければ深いほど、上手になれるものです。やっぱり好きなものはずっと弾いていたいし、ずっとそばにおいて触っていたい。もっとギターについて知りたい!と単純に思いますよね。好きな人のことをもっと知りたい、どんな小さなことでも見ておきたいと思うのと同じです。ですから、ギターは常に触れるような場所に置いておくべきだとまーさん...

まーさんが思うに、慣れるより慣れろ。本より生を見て学べ。これがギター初心者を脱出する鉄則だと思っています。考えるよりも感じる!単純ですが、人間ってやっぱり楽しいことじゃないと続かないんですよね。基礎を練習することはもちろん大切なんですが、忘れてほしくないのは「楽しむ」ということです。これからどんどん練習していこうというヤル気があるうちももちろんですが、もういいかなとギターを諦めてしまいそうなそんな...

ギター初心者にとって教えてくれる人や本はとても大切な存在です。一番いいのは人ですね。身近にそういう人がいればベストだと思います。例えばお兄ちゃんがギターをやっている、とかそういう環境は初心者にとって入り易いところですよね。まーさんは家族の中でたった一人音楽が好きな人なので、仲間がいなくてさみしかったです(笑)友達と一緒に始めるというのもいいですね。教室に通っている人はそのまま続けていけばいいと思い...