速攻演奏

合いの手ごっこ

あの手手法

私は「合いの手ごっこ」と名づけて遊んでいたのですが、
本来他の名前があるのかもしれません。

 

 

合いの手ごっことは、
日常で流れている様々な曲やメロディに

 

「合いの手」

 

を入れる遊びです(そのままですね)
合いの手、という言い方が古いのかな?

 

他人に「それ面白そう!」と理解されたことはありません(泣)

 

 

どういうことかといいますと、
例えば日曜日の夕方にテレビを見ていたとします。

 

ちびまる子ちゃんとサザエさんのクリーンナップの時間がありますが、
それを見ながらギターをつまびいて遊ぶのです。

 

アニメの中には必ずBGMがありますよね。

 

そのBGMに合わせて、
なんでもいいのでそれに合うようなメロディをギターで弾くのです。

 

 

サザエさんのエンディングの曲では、
ボーカルがない部分が結構長くありますので、
そこはギターソロの出番なわけです。

 

ベースとなる音は流れているわけですから、
そこにギターのフレーズを弾いて乗せていきます。

 

誰が聞いているわけでもないので、自由です。

 

私は後で聞けるように録音していましたけど・・・。

 

 

こんなことして何が面白いのか、
役に立つのかと思われるのですが、これが結構すごいのです。

 

ギターはピアノと違って、
ドレミファソラシドの位置をパッと見て把握するのが難しい楽器です。

 

プロの人は覚えているかもしれませんが、
素人だとなかなかいませんよね。

 

 

 

でもギターソロが弾けるようになるには、
ギターのドレミファの位置を覚える必要があります。

 

これには一定の法則があるのですが、
法則を覚えるのと平行して「感覚で」その位置を体に覚えさせることも必要です。

 

 

 

合いの手ごっこをして色んなメロディを弾くことで、
ドレミファの位置や音の感覚を掴むことができるというわけです。

 

ぜひ遊んでみてほしいと思います。
サザエさんで練習
サザエさんを見ると、休みが終わる感じがしてさみしくなります。。。


超短期間でギター演奏出来るようになる方法