貧乏ミュージシャンが稼ぐ方法

3.お金に困ったら

私の友人で、ギターの弾き語りをしているT君という人がいました。

 

 

今は疎遠になってしまいましたが、昔はよく一緒に遊んだり音楽をしたりしていました。

 

 

そのT君がある日、「住んでいる家の更新料が払えない」と私に泣きついてきたことがありました。

 

 

お金を貸してくれといわれたのですが、
当時私も驚くほど貧乏でしたから、そんな余裕はどこにもありませんでした。

 

 

しかし、更新料が払えないとT君は家を追い出されてしまいます。

 

 

更新料は確か10万円だったと思います。

 

 

10万円を1週間で用意しなくてはいけませんでした。

 

 

T君はもう半ば自暴自棄になっていて、
手持ちのお金を全部競馬に突っ込むとかパチンコに行くとか、現実的ではないことばかり言い出す始末。

 

 

そんなことしたら、生活できなくなるリスクが出てきてしまいます。

 

 

そこで私は「届くかどうかわからないけれど、路上ライブで稼いでみよう!」と提案してみました。

 

 

その日から1週間、毎日街頭で弾き語りをして人々から「お情け」を頂こうということです。

 

 

T君は最初は「そんなので10万円稼げるとは思えない」と言っていましたが、
最終的に納得してその日の夜から一緒にやることになりました。

 

 

人通りの比較的多い場所に立ち、
とにかくありったけのカバーをやったりT君がギター漫談らしきものをしたりしていました。

 

 

 

初日こそ3000円ちょっとでしたが、2日目と3日目でなんと3万円!

 

これには正直驚きましたが、この調子ならひょっとして・・・と希望が沸いてきたのは事実です。

 

 

 

1週間休みなく頑張って、最終的に7万円ちょっと手に入れることができました。

 

正直奇跡です。何もないところから7万円。

 

頑張れば出来るんだと実感しましたし、なによりお金をカンパしてくれた人たちの情に感謝の気持ちで一杯でした。

 

 

足りない3万円は音楽仲間からちびちびと借りて、T君は更新料を払うことができたのです。

 

 

お金に困ったら、人間なんでも出来るものだなあと思った出来事でした。


超短期間でギター演奏出来るようになる方法

お金に困ったら関連ページ

貧乏でも楽しい