ピックアップアコギ

ピックアップでアコギの幅を広げよう!

 

ピックアップってなんぞや?

 

まずはそこから始めてみましょう。

 

 

ピックアップとは、下の図の装置のことです。

ピックアップ

 

これだけ見るとなんだこりゃ?という方もいるかと思いますが、

 

お持ちのエレキギターにもしっかりついていると思います。

 

エレキギターピックアップ

 

このギターは3つ付いていますが、2つのものが一般的かもしれませんね。

 

 

ここで振動を拾って電気信号に変えて音が出るわけです。

 

 

音のクオリティというカテゴリで考えると、

 

かなり重要なパーツになります。

 

さて。エレキギターには最初から付いていますが、アコースティックギターではどうでしょう。

 

エレアコをお持ちの方は、内臓のピックアップがついているかと思いますが、

 

何もついていない、いわゆるアコギを買った人は「ピックアップって何よ?」という状態だと思います。

 

でも、
アコギにこそ良いピックアップの巡り会わせが必要だと私は考えています。

 

一度でも外やライブハウスなどで演奏したことがある人ならわかると思いますが、

 

アコギの生音はよほど鳴りのいいギターでない限り、

 

アンプを通したエレキギターほどの大きな音を出すことはできません。

 

 

特にフィンガーピッキングで演奏となると難しいものがあります。

 

 

ライブハウスでマイクで音を拾って演奏されている方がいますが、
動きが制限されますし、他の演奏者がいる場合は、

 

まず間違いなく音は聞こえなくなってしまいます。

 

 

マイクで拾うのが一番音は良いんですけどね。

 

どちらかというと、玄人向きの演奏方法ではないかと思いますし、
初心者になればなるほど、それでは難しい部分が出てきます。

 

ではどうするのか。

 

アコギ専用のピックアップを付けるのです。

 

アコギ専用ピックアップ

 

 

こういったピックアップを、ギターのホールにはめ込んで使用するのが一般的なピックアップです。

 

もちろん、ギターの内部に埋め込んでしまうタイプのものもありますので、
見た目を重視したい、音のクオリティをさらに高めたいという人には、ボディ内部の反響もしっかり拾えるようなアイテムもあります。

 

 

ただ、高いです。

 

初心者のうちはまず、色々なメーカーのものを使ってみることをお勧めします。

 

 

というのも、ピックアップはギターとの相性というものがあり、
高いピックアップだからと言って必ずしもいい音が出るとは限らないのです。

 

自分が持っているギターとの相性、これが一番チェックするポイントなんですね。

 

ですから最初はいきなり高いものを買わず、いくつかのピックアップを使ってみるほうがいいと思います。

 

実際私もそのようにして4種類のピックアップを買い、

 

結局今は2番目に安かったピックアップに落ちついています。

 

 

他のギターを使うときは、

 

ピックアップも変えて使います。

 

 

では次は、

 

どんな感じでギターに装着するのか、図で見ていただきたいと思います。

ピックアップ実際の装着方法

ピックアップとはなんぞやがわかったところで、

 

実際の様子を見てもらえたらなあと思いちょっと写真を撮ってみました。

 

ピックアップ実物1

 

 

 

今メインで使っているうちの1つ、

 

L.R.BAGGS(エルアールバッグズ)のピックアップです。

 

2万5千円くらいだったと思います。

 

 

探せばもう少し安くであると思います。

 

ピックアップ実物2裏側

 

裏側。

 

ボタン電池を入れるようになっています。

 

ライブ前は電池切れに注意!

 

1か月に1回くらいは、音の調子を確かめましょうね。

 

 

ピックアップ実物3シールド

こんな感じでシールドを挿せるようになっていて、かなり便利です。

 

エレキギターとほぼ同じ感覚で使えるようになりますよ。

 

ピックアップ実物4アコギ装着後

 

こんな感じで、ホールにはめ込んで使います。

 

色味が気に入ってます。どんなギターにも合う、万能タイプという感じですね。

 

音がとてもナチュラルで、

 

エレアコのぺけぺけサウンドが嫌になった人にはお勧めかなと思います。

 

 

いいエレアコはいい音が出るんですけど、

 

やっぱり高いですからね。

 

 

ピックアップなら、そこまで予算を出さずとも、それなりの音を出すことができます。

 

ピックアップ実物5アコギ装着下側

 

ギターのお尻に穴をあけて、さっきのジャックをはめ込んでいました。

 

コードがボディの中にすっぽり収まっているので、邪魔にもならずにすっきり。

 

かなり使いやすかったんですが、

 

これをするとほかのピックアップに付け替えるときに残念なことになります・・・。

 

 

穴を開けたギターは安いものでしたが、
高いギターにこれをするとなると、相当の覚悟がいると思いますし、やらない人も結構いますね。

 

このギターにはこのピックアップじゃないとダメなんだ!という、確信があれば別ですけどね。

 

 

 

今はホールからジャックとコードを出して、

 

ボディ部分に養生テープで固定して使ったりすることもあります。

ピックアップ実物6フィッシャマン

 

今は人に貸出し中ですが、FISHMANというメーカーのピックアップです。

 

これもかなり気に入って使っています。

 

Martinとの相性がいいのかな、と個人的には思ったりしているのですが、愛用者も多いですね。

 

 

レスポンスがいいと感じることが多いです。

 

弾いた音がダイレクトに出るというか、感度がいいといいますか。

 

値段もそれほど高くなく、1~2万円程度で買うことができます。

 

 

ちなみに最初に買ったピックアップはDiMarzio(ディマジオ)の1万円もしないピックアップでした。

 

DiMarzioというメーカー自体はとても信頼のおけるいいメーカーなのですが、
私が購入したものはやはり値段相応でしたので、使っていて泣きたくなる安い音でした。

 

 

予算は大事、お金も大事、でも、ピックアップは予算の中でぜひ比重を置いてほしいアイテムだと思います。

 

相性のいいピックアップに会えれば、

 

いい曲もできるかもしれませんよ!