ギター面白い話

ギターとネイル(爪)

ギターと私

私はギターを始めて10年以上になります。

 

 

ギターを始めて、と言っても楽器屋さんでギターを買って弾きたい曲を弾いていただけなのでキャリアとは言えません。

 

 

趣味ですね。

 

ストレス発散に楽器を弾くというのは割といいものです。

 

 

音を出しても怒られない場所やスタジオに入って、ギャンギャンギターをかき鳴らす。

 

歌も歌えば1時間で汗びっしょりです。ダイエットにももってこい?な趣味です。

 

 

ただ、女性としては困ってしまう側面もギターにはあります。

 

代表的なのが「ネイル」ではないでしょうか。

 

ピアノをやっている女性もそうだと思いますが、とにかく爪を伸ばすことができないのです。

 

伸びた爪では演奏ができません。ギターですと、弦を押さえることができないのです。

 

ギターとネイルこれでも無理な長さです。

 

 

自分が弾きたいときだけ弾くなら、ネイルをしている期間は弾かなければいいのです。
が、私の場合はバンド活動もしているのでそうもいきません。

 

いつも弾けるようにするには、爪は常に短くしておく必要があるのです。

 

 

ですから、つけ爪を使っている女性のプレイヤーは多いと思います。

 

短い爪の上でもつけ爪を貼ることで簡単にオシャレすることができますね。

 

私もそうすればいいのですが、面倒なので今のところやってません・・・。もうそんな年齢でもないしなあと思いつつ。

 

 

ただ、友人や会社の後輩が今流行の「ジェルネイル」をしているのを見ると「一度やってみたいなあ」という気持ちにはなります。

 

 

キラキラしていて、手が若くみえるんです。

 

 

派手な色やパーツや飾りがついたデザインもありますが、普通のノーマルなデザインもあるみたいなんです。

 

そういうのであればやりたいなあとは思います。

 

ジェルネイルをするにはやはりある程度自分の爪が必要になるみたいで、少しは伸ばさなくてはいけないようです。

 

 

私は爪の白いところがギリギリ見えるか見えないかくらいまで切るので、ギターを弾くのを少しお休みしない限りは無理のようです。

 

 

これからギターを習いたいと言う女性は、初心者女性向きギター入門サイトを参考にする事をお勧めします

 

女性だと押さえられないコードを上手におさえる裏技など、

 

初心者にとっては挫折ポイントの切り抜け方が
沢山紹介されているので、お勧めです。

 

初心者ギター入門


ギターに纏わるちょっと面白い話記事一覧

大きなギターを持って電車に乗ると、一瞬他の乗客の目がこっちに向くのがわかります。特に女性が持っているのがもの珍しいのか、たまに話しかけられることもあります。タクシーに乗るとまず間違いなく「ギターですか?」とか「なんていう楽器ですか?」と聞かれます。トランクに積んでもらうので、運転手さんも気になるのでしょう。タクシーの運転手さんというのは実に不思議な職業で、運転できないといけないし(第2種免許も持っ...

私はギターを弾きますが、ギタリストがあまり好きではありません。自分のことが好き嫌いという哲学的な話は置いておくとして、バンドのギタリストと馬が合わずに嫌になったことがたくさんあったからです。当たり前ですが、とてもいい人もたくさんいます。私が出会っていないので知らないだけなのです。私にとってみれば嫌な存在にあたるわけですが、バンドのギタリストにつくファンというのは結構多いものです。バンドによってはボ...

三十路を過ぎた今はさすがにやりませんが、ギターを始めたばかりの初心者時代はよく路上で弾き語りをしました。理由は、壁の薄い賃貸マンションに住んでいて家で練習するというわけにいかなかったのと、早く上手になりたかったからです。人前で練習すれば嫌でも上手になるというか、失敗するわけにいかないですから練習しますよね。これで結構鍛えられたような気がします。路上で弾き語りをしていると、色んな人と出会いました。歌...

昔の話になりますが、今でも思い出すと悶々してしまう出来事がありました。私がまだ20代の前半だった頃、当時組んでいたバンドでライブをしました。その時に仲良くなった他のバンドのギタリストから「ギターを貸してほしい」という申し出があったのです。私は取り立てて変わったギターを持っていたわけではなかったのですが、どうしても私のギターが気に入ってしまったとのことで、それを持ってライブをしたいというのです。変な...

楽器を演奏する時、感情が高まるのは当然だと思います。歌を歌っていて感情を顔の表情で表すのと同じですよね。盛り上がる時に眉間にしわを寄せたり、笑顔になったり、悲しい表情や辛い表情になったり。プレイヤーの表現として当たり前だとは思いますが、私個人的にはとても苦手だったりします。細かく言うと「楽器を弾きながら悦に入っている人」を見るのが苦手なのです。なんといいますか、こっぱずかしくなってしまいます。まる...

私が20代前半の頃の話です。自称スーパーギタリストという変なおっちゃんと知り合いになったことがありました。親しみを込めておっちゃんと呼ばせてもらってましたが、自分に父親よりも年上の男性でした。今はどこで何をしているのかわかりませんが、ふと懐かしくなったので書いてみようと思います。そのおっちゃんとは新大久保という東京の町で知り合いました。新大久保というのは東京の新宿区にある地名です。昔から韓国系のお...