フィンガー奏法とハンマリング

フィンガー奏法とハンマリング

ギターのテクニックの話をしだすと、
それこそキリがないとまーさんは思います。

 

極め出すと夜も眠れないんじゃないかなあなんて・・・他人事ですが。

 

まーさんはとにかく早く弾き語りが出来るようになりたかったので、
コードを覚えることばかりしていました。

 

でもある日、気が付いたんです。

 

ギターもある程度弾けないと、
歌ばっかりかっこよくても仕方ないよね!と。

 

 

かっこいい歌が作れるわけでもないのに、
そこにきてギターまでかっこ悪かったら聞く気がおきませんよね。

 

ギター初心者だからこそ、
ちょっとしたハッタリも必要だなとまーさんは思うんです。

 

そう、ハッタリです。
ちょっと上手く弾いているように思わせる!ということです。

 

そんな時に使えるのが、ハンマリングという技です。

 

ハンマリングというのはギターの弦を強く押すことで音を鳴らすという技法なんですが、
叩いて音を出すのが「ハンマリング」、
押した弦に指をひっかけて離す時に音を出すのが「プリング」といいます。

 

ハンマリングとプリングを繰り返して音を出すと「トリル」なんて言い方をされます。

 

わかりやすい動画がありましたので、参考までにどうぞ。

 

ハンマリングとプリング 1回目

ハンマリングとプリング 2回目

 

これは主にエレキで使われる技法ですが、アコギでも使います。
こんな感じで・・・。

 

 

まーさんは下手なんですが、
下手なりにコツを伝授するとすれば・・・思い切りよくやる!ということです。

 

失敗したらどうしよう、という感じでやると、
大方失敗して変な音がでます(笑)

 

思い切りよくやってしっかり音が回転すると、
お!ちょっとギターわかってるやん!という感じになります。

 

上手風に見せることができますので、ぜひ練習してみてください!

 

エレキの人は、
何かしらバンド曲のカバーをやろうとすると必ず出てくる技法です。

 

ギターソロが弾きたい!
と思う人は避けては通れない道なので、頑張って練習しましょう。

 

ただバッキングで弾ければいいんだという人でも、十分使える技法です。

 

コードを弾いている時でも雰囲気を変えるのに効果的だったりします。

 

次ページ
タブ譜がわかれば超便利

超短期間でギター演奏出来るようになる方法