ギターメーカー

ギターのメーカーを知ろう

ギターと一口に言っても、

 

まずエレキギターアコースティックギターの2つに大きく分けられますよね。

 

 

そこからさらに、音や形、大きさなどを入れていくとどれを選んだらいいか迷ってしまって決められない、なんてことも出てきます。

 

 

そんな時ひとつの参考にしたいのが、

 

 

ギターを作っているメーカーです。

 

ギターのメーカーごとに特色があり、どんな音を出したいのか、どんな音楽をやりたいのかでぴったりのメーカーが違ってきます。

 

 

エレキが得意なメーカーもあれば、
アコギでしか見ないメーカーもあります。

 

 

大きな会社の子会社から、個人で作っているブランドもあります。

 

 

アメリカ製、日本製、他の国で作られているものもたくさんありますし、
木の種類でも音がまったく違います。

 

 

色々ありますが、まずは好きなメーカー、
憧れのメーカーで選んでみるというのもいいのではないでしょうか。

 

代表的なメーカーをいくつかご紹介していきたいと思います。

 

まず、
一番有名だと言っても過言ではないのが、Gibson(ギブソン)ではないでしょうか。

 

 

エレキもアコギも迷ったらギブソン、
と楽器屋のお兄さんに言われたことがありますが、
好みはあるとしても間違ってないかなあと感じます。

 

楽器屋さんでよく見かける相場としては、20~30万円台が多いかなあと思います。

 

 

もちろんピンキリですから、いいものは車が買える値段です。

 

 

男性的な音がするといいますか、ワイルドで主張のある音が魅力だなと感じます。

 

画像にあるJ-45は、よく「ザクザクした音」なんていう風に表現されますが、

 

ストロークで攻める!と言うイメージですね。

 

 

すごくいいギターですが、ギブソンは年代も幅広く個体差も大きいので、
新品で同じものでも、音が違ったりします。

 

 

ですから購入する時は、たくさん試して納得のいくものを選んでほしいと思います。

 

ギターによっては、女性だと声が負けてしまうことがありますね。

 

その辺を考慮しながら選んでみてください。

 

 

私のお気に入りは間違いなくMartin(マーチン)です。

 

アメリカのアコギメーカーです。ギブソンが「やんちゃ坊主」だとするならば、
マーチンは「優等生」タイプでしょうか

 

 

。とてもバランスがよく、
低音から高音までまんべんなくきれいな音が出てくれます。

 

オールラウンダーとはまさにマーチンのための言葉だなと思いますが、

その分、ちょっと物足りないなあと思う人もいるんでしょうね。

 

 

そういう人はギブソンやほかのメーカーに行くんだと思います。

 

個人的なイメージですが・・・。

 

マーチンも長い歴史があり、
ヴィンテージものは目が飛び出るお値段になっております。

 

 

年代によって使っている木も違ったりしますから、試奏は本当に大切です。

FENDER(フェンダー)

エレキのメーカーと言えば、私はまずFENDER(フェンダー)が浮かんできます。

 

私自身が一番初めに買ったエレキギター・・・と言いたいところですが、

 

お金のない貧乏学生だったので、

 

欲しいと思ったフェンダーのムスタングには手が出ませんでした。

 

このボディのラインに憧れたものですが、
最初はアンプとシールドとなにやらかにやらがセットになった安いギターで始めたのであります。

 

せつない思い出です。

 

フェンダーはベースも有名で、
アメリカのメーカーですが世界中の有名ミュージシャンが使用していることで知られています。

 

バンドをやっている人なら、

 

フェンダーのストラトにはまず一度憧れるものではないでしょうか。

 

 

かっこいいですねぇ・・・。

 

 

音楽は魅せるものでもありますから、

 

ライブをやっていこうと思っている人は、見た目もかっこいいギターというのも必要だと思いますよ。

 

 

ギターがかっこいいだけで、なんとなく上手に見えるものです。

 

アイテムってすごい!

 

フェンダーはUSAとFENDERJAPAN、つまり日本法人もあります。

 

アコギも製造していて、定評があります。

 

私の使ったフェンダーは、さらっとしてしつこくないサウンド、という印象でした。

 

だから、濃い味のボーカルさんには相性が良かった記憶があります。

 

 

日本のメーカーだって負けてはいません。

 

YAMAHA、TAKAMINE、K,YAIRI、MORRIS等々、素晴らしいメーカーが揃っています。

 

日本だけでなく海外のミュージシャンにも愛用者が多く、
やはりモノづくりの国のギターはいい仕事をしてくれます。

 

 

私自身はYAMAHAのFGシリーズを愛用しています。

 

安かった!中古、2万円で買いました。もっと安かったかな。

 

定価はもう少し高いですが、リーズナブルなシリーズですので、初心者の方も気軽に候補に入れられるギターです。

 

 

安かろう悪かろうではなく、使い込むほどに自分の音になってきてくれます。

 

 

ネックが細めで、女の子にはぴったり。

 

音も日本人の耳になじみやすく作られているなあと感じますね。

 

 

女性向けだなと感じるギターは、YAMAHAもそうですが、ヤイリもおすすめです。

 

音に開放感があり、きらびやかな感じがします。

 

感情をこめて歌う女性シンガーさんには、ヤイリギターがとても合いますね。

 

逆にシンプルにほっこりした感じで歌いたいなら、
YAMAHAやMORRISが日本のメーカーならオススメです。

 

 

もちろん、自分の好みが最優先ですけどね。

 

ただし、買う時に気を付けたいのが、演奏している自分と聞いているオーディエンスとでは音が違います。

 

自分で試しに弾いていてすごくいいと思っても、遠くに届いている音は違っていたりするものです。

 

 

試奏する時は、自分で弾くだけでなくて、

 

楽器屋さんの店員さんに弾いてもらってそれを聞くのも忘れないようにしましょうね。