いい音楽

いい音楽が出てこられない

職場で有線を聞いていると、どれも同じような曲ばかりだなあと思います。

 

 

例えば服なんかでもそうですが、売れ筋の商品、流行の商品というのはどれも似たり寄ったりでそれを着ることすら恥ずかしくなるような気がしてしまいます。

 

 

どれを着ても、誰かと似ているわけですからね。

 

 

それなのに、製作する側は「今売れる」という目先の利益だけを見てモノつくりをするのです。

 

ですから売れ筋のものは似通ってしまい、結局すぐ飽きられて売れなくなってしまいます。

 

 

同じことを何度繰り返しても、なぜか人間は繰り返してしまうようですね。

 

実際、売る側も苦悩している人がたくさんいるという話を耳にします。

 

 

ライブハウスで「これは売れる!」と思っても、その人だけで判断することができない。

 

 

必ず上の承認が要りますし、上層部を納得させないと「売れるかどうかわからないもの」にお金をかけるわけにはいかないのだそうです。

 

 

これはビジネスとしてごく当たり前のことだとは思いますが、
こと音楽というエンターテイメントの業界においてこの及び腰はいかがなものか、と私は思ってしまいます。

 

 

大衆に刺激を提供するのが、エンターテイメントの役割なのに。

 

 

とにかく会社の存続だけを考える人が多いので、いい音楽が目の前にあってもそれを売りだすことができないというジレンマがあるようです。

 

 

ずば抜けていいものは売れるのかもしれませんが、そういうのはなかなか出てきませんからね。

 

 

作戦を練って売ることも必要なわけです。

 

磨けば光る原石やそういう曲たちが、世にでることなくどんどん忘れ去られていく。

 

 

 

こういう世の中だとアーティスト自身が覚悟して、自分で売り出す能力を身に着けていくこともこれから大切なことになっていくんだろうなと思います。

 

 

磨けば光る原石がたくさんあるはずですね。

 

 

特に世の中に埋もれてしまっているバンドは沢山あります

 

売れてきてもメンバー間の音楽の方向性が違うとかで解散しちゃうバンドも多いですしね(^^ゞ

 

 

やはり、個性の強い人間があつまる事で良い音楽が生まれたりするので、
難しいですね~(^^ゞ

 

ギターとバンドについて語っているページ

 

ギターとバンド
こちらでもギタリストが如何に人間的にダメダメなやつが多いかなどをおもしろ思い出話などで語っていますので、
暇があったら覗いてみてくださいwww


超短期間でギター演奏出来るようになる方法

いい音楽が出てこられない関連ページ

CDを売る方法