CDを売る方法

おまけを付けること

CDを買うと握手券がついてくる。

 

 

ものすごい売り方だなあと、最初耳にした時は思いました。

 

 

ライブ優先予約とか、抽選でグッズが当たるとか、そういう生半可なのはもういい!という感じでしょうか。

 

 

しかし何か、破ってはならないタブーに触れたのかな、という気がしないでもありません。

 


なんにでもどんな業界にでも「暗黙の了解」というのがあると思うのですが、恐らくアーティストとの接触が図れる特典をつけようという案は昔から出ていたのだと思います。

 

 

でもそれをしてしまうと、際限がなくなってしまう。この前はしたのに、もうやらないのか。

 

 

ニーズというのは掘り方を間違えるとどんどん奥深くなっていってしまい、ゴールが見えないものになることもあるのです。

 

 

ここまではよし、ここからはダメみたいなものがきっとあるのでしょう。

 

例えばグリコのおまけはOKだけど、それ以上になったらお菓子としては売れないよ、という具合です。

 

 

グリコのおまけ程度なら、競争力に掛かるプラスも範疇だと考えられるからです。

 

そういったところを飛び越してのおまけ付CD。そりゃあ売れてしまいます。ファンなら絶対買いますよね。

 

 

しかも複数枚。
もうそこには「楽曲のうんたら」とか「クオリティがどうたら」とか、そういう概念は存在しません。

 

 

音楽を求めている人に対してどうなのか、という気持ちはずっと拭えません。

 

握手ではなく、アーティストの声や歌が好きで買っていた人もたくさんいるでしょう。

 

そういう人たちがどんどん置き去りにされていってはいないでしょうか。

 

今よければいいんだ、という考えを改めなければ、日本の音楽に明るい未来はないと思います。

 

 

多くの人はこう思っているでしょうが、なかなか風潮というのは変わらないものです。

 

一番怖いのは結局人間、ということですね。

 

久しぶりにグリコが食べたくなってきました。

 

前のページに戻る


超短期間でギター演奏出来るようになる方法

CDを売る方法関連ページ

いい音楽が出てこられない